ネットで買うときの最大の注意はサイズを間違えないようにということ

ネットで買うときの最大の注意はサイズを間違えないようにということ

 

メンズのネット通販って本当に便利ですよね。

 

仕事が忙しかろうと、服を買いに行く時に着る服がなかろうと、

 

夜中だろうと、買い物ができちゃいます。

 

メンズって実際のところ、リアル店舗だと、少ないし品揃えも悪いし、

 

バリエーションも少ないんです。

 

だからネット通販さまさまって感じで利用している人も多いと思います。

 

それにこれから、モテ男に変身するために、

 

ネット通販デビューしようと目論んでいる人も結構いるんじゃないですか?

 

 

 

ネット通販だと、実際に店に買いに行くよりも、

 

気軽に、なおかつ大胆に買い物が出来ます。

 

けど気を付けなきゃいけないのが、「サイズ」です。

 

リアル店舗と違って、ネットの場合は、試着が出来ません。

 

もちろん届いて、着てみて、サイズが合わなけりゃ返品できますけど、

 

ちょっと面倒ですよね。

 

返品の連絡して、荷造り梱包して…ってちょっと厄介。

 

面倒くさくなってそのまま着てしまうってことにもなりかねません。

 

けど、サイズが合わない服を着ているのは、かなりみっともないです。

 

小さいTシャツをパッツンパッツンしながら着ていると、陰でクスクスと笑われかねません。

 

だから、買う前にサイズをチェックしてください。

 

 

 

単なるクリックミスで違うサイズが届いたりしたら、時間の無駄です。

 

注文を確定する前にもう一度見直してみましょう。

 

 

「俺はいつもMだから」

 

 

って言って、どの店でもMを注文するって言う人も要注意です。

 

間違いなく、Mを注文してるんだからいいじゃんと思うかもしれませんが、

 

ブランドやそのブランドの原産国によっておなじMでも、

 

サイズが大きく違うってことは良くあるんです。

 

 

 

それから年齢も重要です。

 

30代より上の年齢の人が、最近の服を着ると感じるのが

 

「最近のMは自棄に細い」ってことです。

 

最近の若者は昔に比べて、足が長く、骨も細く、全体的にしゅっとほっそりしています。

 

服もそれに合わせて作られていますので、気をつけてください。

 

 

「いつもMだからMを注文したら、細くてピチピチになった」

 

 

なんていう面倒臭いことにならない為にも、自分のサイズをしっかりと把握しておきましょう。

 

重要な部分のサイズはあらかじめ測っておくことをお勧めします。

 

ウエスト、股下、ヒップ、胸周り、肩幅、などを把握しておけば、

 

サイズが合わないという悲劇も起こりにくくなります。

 

快適なネット通販生活を送るためにも、最初の手間を惜しまないようにしましょう。

 

そうすれば、ネット通販はさらに、最強アイテムになりますよ。