オールマイティーに使えるチノパンの履きこなし方

多くの男性が履いているのがチノパンです。

 

「今日はジーンズの気分ではないな」といった時に利用するケースも多いですよね。

 

身近な存在であるからこそ、思った以上に履きこなし方が難しいのです。

 

こちらでは、チノパンを “どのように選べば” “どうやって履けば” 格好よく見えるのかについて解説します。

 

コーディネートで悩んでいる方も必見です。

 

 

■スタイルに注目したチノパンの履きこなし方

 

基本的に細身のチノパンを利用すると、脚が細く見えるのでおすすめになります。

 

男性だと、脚の太さについてはあまり気にしないことも多いのですが、脚が太く見えると胴長短足に見えてしまうのです。

 

それを防ぐために細身のチノパンを履きます。

 

・タックが入っていないチノパンがおすすめ!

 

チノパンにはタックが入っているタイプと入っていないタイプがあります。

 

細く見せたいのであれば、“ノータック”のチノパンを利用すべきです。

 

さらにまだスタイル重視のチノパンの履き方があります。

 

・ストレートタイプは選ばない

 

ストレートタイプにはスタイル良く見せる効果はありません。

 

それよりも膝に多少のシボリがあるタイプを履いてください。

 

足のスタイルが強調されることにより、足が長く見えるといった効果を発揮してくれます。

 

・ストレッチ素材であること

 

動きやすい伸縮機能があるチノパンについては、脚の動きに合わせてくれます。

 

スタイルが良く見えやすいのでお勧めです。

 

 

■チノパンの色について

 

若い男性であれば、なるべくダーク系のチノパンがおすすめです。

 

・ブラック
・ダークグレー
・ダークグリーンなど

 

明るい色合いにしてしまうと、下半身が浮いて見えてしまうのです。

 

中年男性であれば、上半身に肉がついてしまっていることが多いので、明るいチノパンでもバランスが取れますが、若くて細身の男性に明るい色あいのチノパンは似合わないケースが多いです。

 

 

■コートとチノパンの着こなし方について

 

冬になると、チノパンにコートを合わせる機会も多くなります。

 

こちらでは、チノパンとコートの組み合わせで、少しでもおしゃれに見える方法について解説します。

 

・ピーコートとの相性は良い

 

冬になると、ピーコートを着る機会も増えると思います。

 

ピーコートもチノパンもカジュアルや多少はビジネス的な着こなしもできますよね。

 

比較的あわせやすいのです。

 

前述したダーク系のチノパンを履いた場合には、少し明るい色合いのピーコートを着ても良いです。

 

逆に明るい色合いのチノパンを履いた場合には、ダークな色合いのピーコートが似合いますよ。